1000通貨トレードのススメ

FXトレードは、外貨をどれだけの単位でトレードするかによって分類があります。かつては1万通貨単位が当たり前でそれ以外の選択肢が少なかったのですが、今ではほとんどのFX取引会社が1000通貨単位でのトレードを可能にしているので、今回はこれに注目したいと思います。

FXはレバレッジを利かせることで少額から大きなトレードができるのが魅力のひとつです。だからといって投資金がそれほどないのにレバレッジを大きくしすぎることは推奨しないと述べてきました。では、投資金が10万円程度であまりたくさんない場合は、どうするべきか?

そこでオススメしたいのが、1000通貨単位のトレードです。通常は1万通貨単位で行うトレードを10分の1の1000通貨単位にすれば、大負けをしても損失は数千円です。もちろんその一方で大勝ちをしても数千円なので投資のインパクトは薄れますが、リスク管理という意味ではとても有効です。

しかも、メリットはそれだけではありません。

1000通貨単位だと通常の取引単位より10分の1になるため、大負けをしても数千円の損失で済みます。パチンコをしない方には分かりにくい例えですが、「1円パチンコ」「5円スロット」のようなものです。レートの低い料金で遊ぶためのもので、こうした低レートのパチンコ、パチスロだと勝ちも負けも4分の1になります。1000通貨単位のFXトレードは、それと同等のものだと考えて良いでしょう。

大負けした時のダメージが圧倒的に少ないことに加えて、1000通貨単位のトレードは相場観やトレード技術を磨くのにも役立ちます。いくらレートが低いからといっても実戦なので、投資家は真剣にトレードをします。特に初心者の方は慣れることが大事なので、安い負担で慣れることができるメリットがあります。

それなら完全無料のデモトレードが良いのではないかという意見もありますが、人間は完全に無料だとあまり真剣にはなれません。あくまでも実戦を経験するということにこだわるのであれば、やはり1000通貨単位であってもリアルマネーは使うべきだと思います。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。