レバレッジとの正しい付き合い方その1

FXには、レバレッジという概念があります。このレバレッジは多くのFX投資家にとって魅力的なもので、特に資金規模がそれほど大きくない個人投資家にとっては、レバレッジがあるからこそFXを始めたという人も多くいます。

このレバレッジとは「てこの原理」の「てこ」を意味する言葉で、少ない力で大きなものを動かすことができるという原理になぞらえて、少額で大きなトレードができることを意味しています。

現在、FXのレバレッジは25倍が上限です。仮に1ドル=100円の時に1万ドル買うとなると必要になる金額は100万円です。しかし、レバレッジを最大の25倍利かせることで、4万円で購入可能になります。もちろん全額を預けているわけではないので1万ドルの現物を買ったのではなく、買いポジションという建玉を買った状態です。

これが1ドル=101円になったとしましょう。すると買いポジションは1万円の利益が出るので、これで利益確定をすれば4万円で1万円の利益を出すことができ、とても資金効率が高くなります。これがレバレッジの魅力ですが、もちろんデメリットもあります。

レバレッジとうまく付き合うことはFX投資の成功に直結しているので、ここから詳しく解説していきます。

これまでレバレッジの魅力について解説しました。「4万円で1万円の利益を出すことができる」ということだけを見ると、大儲けの予感すらさせます。

しかし、FXのレバレッジはこれがあることによって大損をした投資家が山のようにいます。前回は1ドル=100円の時に1万ドルを買い、その証拠金が4万円だとすると1ドル=101円になった時には4万円で1万円の利益を出すことに成功しています。

しかし、この逆もあります。1ドル=99円になった時に損切りをしたら、4万円で1万円もの損失が出てしまいます。まだここで損切りしていればこれで済みますが、FX初心者にありがちな損切りをしないトレードをしてしまうと、証拠金の4万円を超える規模にまで損失が拡大し、ついには強制ロスカットされてしまうこともあります。

このトレードの何がまずかったのかというと、まず言えるのはレバレッジの高さです。最大の25倍に設定するということは、メリットだけでなくリスクも25倍になることを肝に銘じてください。





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。