リスク管理について

FXで成功するかどうかは、リスク管理がすべてであると言っても良いでしょう。どうしてもこれからFXを始める方や初心者の方というのは、「大儲け伝説」に目を奪われがちで、大儲けするための方法を知りたいと考えてしまうものですが、大儲けのチャンスがあるということは大損のリスクもあるということでもあります。FXはハイリスク&ハイリターンの投資商品なので、ハイリターンだけでなくハイリスクについても知っておく必要があります。

先ほど「リスク管理がすべて」と述べたのは、まさにそのためです。大損のリスクを回避しながら大儲けを狙っていくのなら構いませんが、大儲けだけを狙っていくとほぼ確実にどこかで地雷を踏みます。その地雷とは手持ち資金の全額を失ってしまうような大損のことです。

筆者もそんな経験を持っているので、やはりFXはリスク管理がとても大切であることを痛感しています。では、どうやってリスクを管理すれば良いのでしょうか。

ここからは、このとても重要なFXのリスク管理について解説していきましょう。

FX投資の成否を分ける重要なポイントである、リスク管理。その重要性はこれまで述べた通りですが、具体的にはどうすればリスクをうまく管理できるのでしょうか。最も有効な方法は、損切りです。

損切りとは、保有しているポジションが一定額以上の損失を出した時点でポジションを手仕舞いして損失の拡大を食い止めることです。通常は新規の注文時に同時に損切り注文も出しておいて、レートの変動によって利益確定か損切りのどちらかの注文がヒットしてトレード終了となるのがよくある形です。

このように文字で書くだけだと、損切りはとても簡単です。それ以上の損失拡大がないのですから、一種の保険を掛けるようなものです。そんなに簡単なものであれば誰でもできると思いがちですが、これはそうはいきません。

これからFXを始める方にとっては非常に簡単そうなことに感じられるかも知れませんが、目の前で損失が確定する(つまり自分のお金が減る)ことが分かっているものを確定させるのは、実は勇気の要ることなのです。

では、どうするか?その答えを次回お話ししましょう。






コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。