日本の貿易赤字

日本の経済指標が外為相場に与える影響は極めて小さいですが、その中でも比較的影響が出やすいものに貿易収支があります。

日本は長らく巨額の貿易黒字を計上し続けてきた国なので、その分国内には世界中からお金が集まってくる状況でした。日本が豊かな国になれたのは、まさにこのためです。優れた日本製品を世界中に売って儲けたお金が日本に入り続けていたので貿易黒字は大きくなり、それが時には貿易摩擦まで引き起こしました。

その日本が、今度は貿易赤字に転落しています。東日本大震災で原発が停止、それに代わる発電用の燃料としてLNGの輸入が増えたからだという指摘がありますが、これだけでこんなに大きな赤字にはなりません。

他にも生産拠点の海外移転による日本国内の産業空洞化など、要因は色々とあります。

貿易赤字が大きくなるということは、貿易によって日本国内からお金がどんどん海外に流出していることになります。海外にたくさんの円が出回るということはだぶつき感が出てくるので、円の相対的な価値が低くなります。つまり、円安です。

アベノミクスによって極端な円高の是正が行われましたが、そこからもさらに円安が進行しているのは貿易赤字が大きいからです。

今後この傾向が続くと円安基調がさらに進行することになりますが、円安に嫌気をさした企業が海外から生産拠点を日本国内に戻す動きもあるので、今後の動きに要注目です。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。