スイスフランショックその2

行きすぎたユーロ安スイスフラン高を抑制するために設けてきた中央銀行による為替介入は無制限に行われてきました。投資家は常にそのラインを意識していたので、1EUR=1.2CHFのレートに近づいたら天井だと認識して、そこからさらに買いを進めるのを諦めていたのです。

どれだけ買っても中央銀行の大規模な為替介入に押し戻されて損失を出すのが目に見えているからです。
しかし、1月15日の発表内容にはこの為替介入をやめるという衝撃的な文言が入っていたのです。

もう1EUR=1.2CHFの防衛ラインを意識せず、安心してスイスフランを買っても良いということになったわけです。それまで何度もユーロ売りスイスフラン買いをしたいと思っていた投資家が一斉にこの機に買いを進め、歴史上稀に見る強烈なスイス高が進んだのです。

もちろんこの動きはスイスの金融当局も分かっていたことと思いますが、もう国家財政を使って為替をコントロールすることに疲れたのか、資金が尽きたのか、もう必要性を感じなくなったのか。

しかも、スイス国立銀行はその2日前に「これまで通りの金融政策を維持する」という主旨の発言を行っており、ほとんどの投資家は不意を突かれた形になりました。

次回につづく






コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。