新興国の通貨解剖 トルコリラ

多くのFX取引会社で、最近トルコリラを導入する動きが見られます。以前はマイナーな取引会社だけでしか見られませんでしたが、最近では大手の取引会社でもトルコリラ円を売買できるところが多くなったように思います。

トルコリラとは、ご存じの通りトルコで流通しているリラという通貨です。

BRICsと呼ばれる新興国に属してはいませんが、トルコ経済は好調な成長が続いています。BRICs諸国に続く有望な通貨としての注目度も上昇中です。

トルコリラが注目されている最大の理由は、高金利であることです。トルコの政策金利は長期間にわたって高止まりしており、10%近い金利が維持されています。FXでよく見かける高金利通貨には豪ドル、NZドル、南アランドがありますが、これらの通貨をもしのぐ高金利です。

そのためゼロ金利が続く日本円とのペア、トルコリラ円ではスワップポイントがとても高く、スワップ狙いの買いポジション保有に妙味があるというわけです。

ただし、トルコリラの高金利は単に経済成長や景気の良さだけが理由ではなく、国内で進行しているインフレも要因です。また失業率も依然として高く、日本のような経済規模があるわけではないので経済が脆弱であることを認識しておかなくてはなりません。

要するに、何かちょっとしたことがあっただけで簡単に相場は大変動を起こし、円高リラ安によって買いポジションがロスカットされて吹き飛ぶリスクがあるということです。

そのリスクさえしっかりと管理すれば、投資妙味は依然として高い通貨だと言えるでしょう。






コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。