FXコラム あのカリスマトレーダーは今?

FXの世界には、カリスマ的な存在感を持つ個人トレーダーがたくさんいます。

全ての人が顔を出しているわけではありませんが、ブログやSNSなどで戦績を報告したりしているので、利益が多く出ている人についてはフォロワーも多くなって人気者になります。

しかし、FXの世界は決して甘くはありません。

鉄板のロジックを持っている人ですら、そのロジックがいつまで通用するかというのは、誰にも分からないのです。まして、その人自身も年齢とともに考え方が変わったりするので、同じロジックでいつまでもトレードを続けられるかどうかは分かりません。

そんなわけで、カリスマトレーダーとして持て囃された人物であっても、泡のように消えてしまうことがあります。

半年で10万円を6億円にして、その後も億単位で損失や利益を繰り返して話題になったGFFという人がいます。その人は最終的に資金が30万円になってしまい、ネット上の動画サイトで引退宣言を投稿して話題になったことがありました。祇園精舎の鐘の声、盛者必衰のことはりをあらはす・・・といったところでしょうか。

他にも、こんな感じで消えてしまったカリスマトレーダーはたくさんいます。主婦でカリスマになった人など、投資とは遠いところにあるひとほどその傾向は強いようで、いつまでもカリスマであり続けることは本当に難しいのです。

人生、何事も引き際が肝心ということでしょうか。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。