今後大暴落はどんな時に起きるか?

これまで、大暴落と呼べるような為替の急激な変動があった時は、やはり社会的にも経済的にも大きな出来事があった時でした。

リーマンショック、サブプライムショック、東日本大震災・・・これらの大きな出来事はいずれも日本円に関わりのあるものとして、対円の通貨ペアにも大きな影響を与え、大暴落を引き起こしました。

これらの出来事があった後にやって来たのは、全て急激な円高でした。つまり、日本のFX取引会社で○○円という名前の通貨ペアを売買している人にとっては大暴落と見なせるものばかりです。

次に投資家が気になるのは、このレベルの大暴落が今後起きる可能性はあるか?というものです。さすがにこれが予測できれば苦労はないので完全な予測は不可能ですが、その兆候とも言えるものを考えてみましょう。
まずは、アメリカ。

何度も法案の改正によって回避されていますが、アメリカ国債のデフォルト問題は根本的な解決には至っていません。アメリカ国債が一度でもデフォルトを起こしたら金融不安が一気に広がり、メガトン級の円高圧力となるでしょう。

次に、日本。
日本発の大暴落要因として考えられるのは、アベノミクスの失敗です。アベノミクスは異次元レベルと言われる金融緩和をしているので、一時的に円高を是正する力はありましたが、これで実体経済の回復ができないとなると腰折れになり、またもや円高に戻ってくる可能性があります。

現在のところ、円絡みの通貨ペアで大暴落の引き金になりそうなのは、この2つです。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。