ファンダメンタル大暴落

相場の方向性を誰よりも早く知りたいというのは、市場参加者に共通する思いです。先んずれば人を制すというのは、まさにFXのためにあるような言葉です。

そこで投資家はそれぞれの視点で相場分析をするわけですが、やはり多くの投資家が重視しているのがファンダメンタルズです。

どこかの国の政策金利が上がった、または下がった。
どこかの国の経済指標が良かった、または悪かった。

このようなニュースは即座に材料視され、即座に相場が反応します。このようなファンダメンタルズ要素というのは、時に大きな相場展開を引き起こすことがあります。

つまり、ファンダメンタルズ要素が引き金となって、大暴落を起こすことがあるのです。主にこういう相場展開は、相場に材料が出尽くしていて新しい方向感を探っている時によく見られます。

このことを考えると、「次の方向感を探る展開」という相場観が大勢を占めている時は、ちょっとしたファンダメンタルズ的なニュースによって大暴落を起こす可能性があることを肝に銘じておいてください。

方向感を探っているということはつまり、多くの投資家が次の方向感に関する兆しを少しでも見つけたら一斉に流れる可能性が高いのですから。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。