円安の大暴落

FXでいう大暴落というのは、大きく分けて2つの種類があります。

FXは異なる通貨同士を組み合わせた通貨ペアで取引をするので、どちらの通貨が大暴落をしたとしても大暴落と呼ぶことができます。

日本国内でFX投資をしている大部分の人は日本円に絡む通貨ペアで取引をしているので、ここでは日本円に対してどちらの通貨が大暴落したのかによって分類するのが良さそうです。

次回に最も問題になる円高の大暴落を取り上げるとして、今回は円安方向の大暴落について考えてみましょう。

円安方向に大暴落するということは、外貨の買いポジションを建てている人にとっては、暴落ではなく急騰です。瞬間的にとんでもないレートで利食いをすることもできるので、大暴落という表現は当てはまりません。

逆に、外貨売りのポジションを建てている人にとっては、まさに悪夢です。円買いのポジションなので、円が安くなるというのは大きな損失を意味します。

一般的に円安が起きている時というのは、どの通貨に対しても円が全面安になっている場合がほとんどです。外貨がどうなったということではなく、日本円が全面的に売られているからです。

地政学リスクや株価など日本に関係する事情で円売りになっている場合もあれば、テクニカル主導で始まった円売りが次第に相場全体に広がる場合など、その要因はさまざまです。

円安の大暴落で損失を出してしまう人もいるにはいるのですが、日本国内のFX投資家は買いポジションを建てている人がとても多く、どちらかというと円安の暴落では恩恵を受ける人のほうが多いかも知れません。





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。